三井住友VISA ANAカード(一般・ゴールド・プラチナ)どれが一番お得?※2017年最新

日々の生活の中でどうやってマイルを貯めていくか、マイラーにとって非常に重要です。
 
その中でも、クレジットカードを使ったポイントの貯め方は、決済金額によっては一気にたまる可能性もあり欠かせないものです
 
特に三井住友VISA ANAカードは、ポイントが貯まりやすく、マイラーにとって必携の1枚になっています。
 
しかし、三井住友VISA ANAカードもいくつか種類があり、入会の際にどれを選ぶばいいか悩むのではないでしょうか。
 
ここでは、一般、ゴールド、プラチナで主な項目について比較検討します。カード作成の際にぜひ参考にしてください。

また三井系列のカードはどちらかというと利用のしやすさ重視です。

ステータスを求めるならこのカードがおすすめです。
アメックス
 

・入会時のポイント

これはカードごとに大きく分かれており、一般カードで最大37,500マイル相当、ゴールドカードで、最大40,500マイル相当、そしてプラチナカードではなんと最大66500マイル相当が手に入ります。
 
一般カードでも一気にマイルを貯めることができますが、プラチナの貯まり方は流石の一言です。
 

・還元率

三井住友ビザカードを使うと、ワールドポイントと言うポイントが付きます。
 
1000円で1ポイント付きますが、ここからマイルへの還元率が大きく異なります。
 
手数料がかからないことを前提にすると、一般カードは1ポイントで5マイル、
ゴールドカードは1ポイントで10マイル、そしてプラチナカードはなんと1ポイント15マイルで還元されます。ここでもプラチナカードの存在感が際立っています。
 

・付帯サービス(旅行時の保険など)

こちらもプラチナカードの存在感は際立っています。例えば海外旅行の最高保証額を比較すると、一般カードは1,000万円、ゴールドカードは5,000万円に対し、プラチナカードは最高1億円まで保証してます。
またプラチナカードはショッピング補償も年間500万円まで適用されます。
 

・年会費

ここまでプラチナカードのメリットが際立ってきましたが、年会費や入会の条件は他のカードよりも厳しいものになっています。プラチナカードは入会に際して、独自の基準により厳しく審査されます。
また年会費は8万円で、ゴールドカードや一般カードよりも割高になっています。こう考えるとプラチナカードはやはり選ばれし者が持つ至高のカードと言えるでしょう。
 
以上のように、三井住友VISA ANAカードにもいくつか種類がありメリット・デメリットがあることがわかりました。
ポイントは間どれだけ決済額があり、それによってどれだけマイルがたまるか事前に検証することが大事です。
選ぶ前にご自身のご利用計画合わせてしっかり検討しましょう。